So-net無料ブログ作成
検索選択

2007 [other]

あけましておめでとうございます。
あっという間にクリスマスがすぎて新しい年を迎えて、明日からは仕事に戻ります。2週間のお休みの最後の日となってしまいました。

 
今年初めて買った雑貨、50%オフのセールでみつけました。
ガラスのボールのなかにガラスのクリスマスツリーが入ったオーナメントは、クリスマス前に見て欲しかったもの、レースのようなデザインが好きな白い花瓶、かごは乱雑になりがちな机の上においてこまごまとした物を一時的に入れておくのにいいかと思って買いました。


最近いいお天気が続いて夏真っ盛り。
キッチンにいつも置いているパセリのグラスに赤いハイビスカスをあわせてみたらなんとなくいい感じ。


12月に買った雑誌。コンラン氏の自宅が載っていたので。
表紙は彼と奥様のリビングルーム。


ハウスデザインコンテスト [other]

ADNZ のハウスデザインコンテストに応募してみました。
ADNZ はNZの建築デザイナーの組合?みたいな団体で、うちの事務所も加入しています。このコンテストは毎年行われていて、3年前、加入した年に応募したことがあります。そのときはなんと、地区の新加入者の枠で入選!とても驚きました。もちろん全国区では賞はとれませんでした。。。
今年は一般の枠に2件応募。賞は期待していません。参加することに意義がある。。。という感じで。。。実は少しだけ、もしかしたらという気持ちもありますが。

今夜はその発表を見に、仕事の後、車で2時間くらいかけて旦那さんとハミルトンまで行ってきます。ADNZ のミーティングは私はこれがはじめでなので、すこしどきどき。
結果はともかく、雰囲気を楽しみたいと思っています。

*追伸*
想像してたとおり、賞はとれませんでした。
それよりも他の参加者のプレゼンテーションの質の高さにびっくり。
スライドにうつしだされる家の写真もプロっぽく。時間とお金をかけているな、という感じ。
来年は、準備に時間をかけてもうちょっとレベルアップをしなければ、と思いました。


nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(14) 
共通テーマ:住宅

fire place [other]

最近、雨の日が続いて日中も寒いです。暖炉っていうんですよね?木がぱちぱちと燃える音っていい感じだと思いません?
家を建てた時、始めはガスの暖炉を入れる予定で、ガス管を暖炉の位置までひいたけれど、注文をする直前でウッドバーナーに変更。
ガスの暖炉は見た目はウッドバーナーと同じで、作り物の木がフレームの中に置いてあり、暖炉をつけるとオレンジっぽい電気がついて、本物の木が燃えているように見えるというもの。掃除が楽で木の調達もしなくていいし、面倒じゃないからいいかなと思ったけれど、旦那さんの事務所のお客さんで同じものを新築の家で実際に使い始めた人からすすが天井についてしまってクレームをつけていると聞いて、やめました。

我が家の暖炉は雰囲気重視で、ガラスの付いてないコーナーオープンファイアー。雰囲気はいいのだけれど、すごい勢いで木が燃えてしまうし、煙突への通気の調節ができないので温まった空気はすぐ煙突へ抜けていってしまいます。
居間がなかなか暖まりません。

どうしよう。。。。。そうだ廊下にドアをつけよう!
もともと居間から玄関までオープンになっているから隙間風どころではない、ので、玄関から続いている廊下とダイニングの間にドアをつければキッチン、ダイニング、居間が暖まるはず。

ドアを注文しました。大工仕事の経験のある旦那さんがドアのヒンジ(金具)や取っ手の位置などを決めてのみなどを使って削り、ドアをスプレーペイントに出しました。すごい職人作業。旦那さんは絶対血液型A型だと思います。

スプレーペイント前のドア、金具もついてません。


引越し祝いのバスケット [other]

旦那さんのお母さんとパートナーのフィルが、新しい家に全部荷物を運びこみました。そしてすぐ、旦那さんのお母さんのお母さんの誕生日ということで南島に1週間ほどおでかけ。二人が留守の間、新しい家の鍵を預かっているので引越しお祝いに用意したバスケットリボンをかけ、カードを添えてこっそり置いてきました。
バスケットの中は、赤ワイン、アーティチョークの瓶詰め、ケイパー、サンドライトマト、ダッカ(スパイス、小さく切ったパンにオリーブオイルをつけた後ダッカをつけて食べます。)タイのお米でできたクラッカー、ビスコッティ。自分がもらったらうれしいものを選びました。
喜んでくれると思います。


ダイニングスイート [other]

新しく家に仲間入りしたダイニングテーブル椅子は植栽されたマンゴーの木でできていて、アジアンチックで素朴な雰囲気。表面が少しでこぼこしているのがいい感じ。
今の家に引っ越してから一年半、キッチンのブレックファストテーブルで食事をしていて、それはそれで快適だったし、一度買ってしまうと長く使うことになるため妥協はしたくないので、気に入ったものが見つかったら買おう、という感じで真剣にお店をみてまわるということはしていませんでした。
でも、イタリアで買ってきたポスターフレームとかける位置を、テーブルと椅子を置いた後に家具とのバランスをみて決めたかったので、テーブルと椅子が欲しくなり、時間があるときお店めぐりをはじめました。

NZでの今の流行はコンテンポラリースタイル。濃い茶色のオイルで仕上げられた木のシンプルなテーブルにシートと背もたれが革張りになっている椅子。
初めて見たときは素敵に感じたけれど、だんだん見飽きてきてしまい、やはり長く使うものは素朴な無駄のない形で質のいいもの、と再確認。

あるお店でイタリアから輸入された大理石のテーブル見たときは、あまりの美しさに真剣に購入を考えたけれど、予算を大幅に超えた値段。無理はしたくなかったので、あきらめました。

このテーブルと椅子を見たときは、ちょっと色が濃すぎるかなとも思ったけれど、癖のない形だし、大好きな果物のマンゴーの木でできているならずっと好きでいられるかな、と旦那さんと相談して決定。お店のおしゃれな若い店員さんも同じものを持っていて、表面にひっかき傷がついても目立たないし、とても気に入っているそう。Good choice! などど言われてちょっとうれしくなりました。

旦那さんのお母さんとパートナー、弟とその彼女を招いて鍋パーティー。(旦那さんの弟とその彼女はタイ、カンボジア、ベトナム、香港の長い旅行から帰ってきて、自分たちの家に帰るまえに親戚&家族&友達めぐりを2週間ほどしているそう)
椅子にクッションがついていないので、お尻がちょっと寒い。クッション探しを始めなければ。


カシミロア [other]

旦那さんのお母さんのダイアナパートナーのフィル(なんと先日、婚約発表)が5エーカーもある土地の家から敷地700平方m未満の新築住宅に引っ越すため、週末、荷造りのお手伝いをしてきました。
5エーカーってどれくらい?よくわからないけれど、とにかく広いんです。敷地には、オレンジやマンダリン、レモン、グレープフルーツなどのかんきつ類、桃、りんご、梨、びわ、柿、プラム、くるみ、マカダミアナッツ、アボカド、そしてカシミロア。
NZに来て、食べられる植物だけ扱っているナーサリーで働いていた時カシミロアの存在を知りました。見た目とは違ってかなり美味しい。よく熟した桃のカスタードクリーム味といった感じ。お店で売られているのを見たことはないので、知る人ぞ知る果物ですね。

 ダイアナとフィルのカシミロアの木は5メートル以上もあり、たくさん実をつけるのですが、そろそろ熟してきたかなというころになると、ポッサムにかじられてしまいます。木にはちょこっとかじられた実がたくさん。ひとつの実を全部食べてから次のを食べればいいのに、なんて無駄なことを。

  カシミロア
  口の中でとろけます

きっとダイアナとフィルは引越したことを後悔するよねと、旦那さんとよく話します。隣の家の音が聞こえてこなくて、敷地にたくさんの果物の木があって、景色もいい、その上、近くの町まで車で15分以内、なんてすてき。いつか広い土地に自分たちの家を建てて、果物の木をたくさん育てたい。。。。。


  かごいっぱいのアボカド、もらってきちゃいました


新しい事務所 [other]

旅行から帰ってきてから、とても忙しくてブログから遠ざかってしまいました。
これまでにあった大きなこと。。。新しい事務所の改築、そして移動。
改築は、なんとほとんど自分たちで行いました。新しい事務所といっても、築50年以上の家を事務所として使えるようにするのはとっても大変でした。
玄関を入ってすぐのところにあったキッチンを取り壊して、厚めのベニヤ板をはって仕切りを作って受付にしたり、居間と廊下の壁をとりはらって、みんなのデスクを置けるスペースを作ったり、床のカーペットやタイルをはがしたり、もちろんペンキ塗りも。屋根、廊下、それぞれの部屋、天井、木の窓枠、レンガ造りの家なので、レンガをペイントするのは、とても時間がかかりました。ペンキ屋さんとはすっかり顔見知りになってしまいました。旅行前から毎週末は改築作業でへとへとになってました。
がんばった甲斐あって、よい感じの”若い建築デザイナーたちのオフィス”になったと思います。スタッフも気に入ってくれたみたいだし、お客さんからの評判もよく、とってもうれしいです。

旦那さんのお母さんとパートナーのフィルから新しい事務所に届けられたアレンジメント。受付の横に飾りました。


Easter [other]


明日からイースターホリデイの4連休なので、ホットクロスバンを買いました。普通は6個つながって売られていて、簡単に手でわけられます。私は、分けたものを横に半分に切ってトースターで焼き、バターをぬって食べるのが好き。程よく甘くてスパイスが効いていて、わりとおいしいと思います。

旦那さんの事務所のスタッフにはチョコレートの(もちろん中は空洞)イースターバニーを買いました。長さ20CMくらいの大きさで $2.99 とお買い得

先日、旅行代理店からイタリア旅行のチケットが届いたとメールが来たので、受け取りに行ってきました。受け取るとき、”出発まですることがたくさんあって忙しいだろうけど、がんばって。楽しんできてね。帰ってきたら感想聞かせて。”みたいなことを言われて、あーみんなそうなんだ、と思いました。なにが”そうなんだ”というのは、いつもそうなんだけど、旅行前の目が回るような忙しさ。私は割りと慎重派なので、旅行の予約をした時点で自分なりの”することリスト&スケジュール”みたいなものを作っていろいろ準備をしていたのだけれど、旦那さんは土壇場で準備をする人なので、仕事のスケジュールとか、今、割と緊張がみなぎってきました。
男の人ってそうなのかな?出発まで2週間もないのに旦那さんはまだ何にも荷物の準備とかしていないんです。始めはほうっておくつもりだったんだけど、心配になってきて、頼まれてもいないのに旦那さんの靴下とかTシャツとか買ってきてしまいました。
明日からの4連休も、新しい事務所のペンキ塗りでゆっくりするひまもなし。
うーん、覚悟していたけれど大変。ビタミン剤のんでがんばらないと。


梨 x 4 [other]


気がついたら冷蔵庫の中に4種類の梨があったので、並べて記念撮影?
梨の形ってかわいいですよね。
この中にはありませんが、日本の梨も(多分豊水か香水)‘nashi’という名で売られています。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。